ダイエットの法則

ダイエットには法則があります。あなたは正しいダイエットをしていますか?

【法則15】ダイエット、すればするほど丈夫なカラダへ

「なぜダイエットしたいのですか」と尋ねると、ほとんどの人は「キレイになるため」や「健康のため」と答えます。そうです、まさに健康体、健康美を手に入れるためにダイエットするのです。しかし、間違ったダイエット法も氾濫しており、ダイエットのために健康を害している人もいます。健康被害が伴うダイエット法は決して行ってはいけません。私がダイエット指導するときも、多くの法則の中から、その人にピッタリとあうものを選抜します。「ピッタリとあう」というのは、「きっちりとやせる」という意味と「やせればやせるほど健康体になる、丈夫なカラダになる」という意味の両方を示します。

「ダイエットすればするほど丈夫なカラダ」にならなければいけないのです。本来は個別に指導するべきものですが、ほとんどの人にあてはまるのが、「免疫力を高めるためにどうするか」と「骨を丈夫にするためにどうするか」の2点です。

通常のダイエットなら、ダイエット中に「風邪をひきやすい」という人が多くいます。これは、食べないことによるストレスが、免疫力低下をもたらしているからなのです。ということは、ダイエット中には免疫力を高める方法を考えなければいけません。

「アガリクスキノコ」が有名になりました。真偽のほどはともかく、「ガンに効く」などと謳われています。アガリクスには、「β(ベータ)グルカン」が豊富に含まれています。このβグルカンという成分は、人体の胸腺という部分に働きかけリンパ球の成熟を促し、免疫力をたしかに高めるのです。実際の医療現場でも免疫腑活療法に用いる「レンチナン」という注射薬は、高分子グルカンの製剤です。免疫力を高めるには、キノコに多く含まれる「βグルカン」を利用するのがいいでしょう。

骨を丈夫にするには、やはりカルシウムの摂取です。そして運動することです。カルシウムをしっかりとって運動すると骨はかならず丈夫になっていきます。

たっぷりのβグルカンとカルシウムを補給して、「ダイエットすればするほど丈夫なカラダ」を目指してほしいものです。

ダイエット、すればするほど丈夫なカラダへ

ダイエットの法則一覧へ戻る

ページのトップへ戻る